注目の投稿

買取強化中!不要な本で社会貢献!

【出張買取のご案内】 http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html 古書肆スクラムでは、古本を通して障がい者の就労支援を行っています。具体的にいうと、障害者自立支援法に基づいた「就労継続支援B...

2016年2月6日土曜日

つながること。


新年が明けて、
スクラムにも新しい風が吹いています。

新しく入った利用者さん。
他の事業所から見学に来るひと。
そして、
古本のポスティング効果なのか
有り難いことにご寄贈や買取のお電話も頂きます。

障がいの特性は個々によってさまざまで
一人一人にあった対応の仕方など
職員同士でミーティングに話し合う。

これが正しい答えだというものは定かではない。
だけど、歩幅を合わせていくことが
何よりも大切であるということ。

他所の事業所や地域の方とのつながりも
同じように大切にしていかなければいけない。

日々、仕事をしていて考えさせられます。

より良い社会とは何なのか?

目には見えない「つながり」を
どんどん増やしていかなければならない。



余談ですが、
今日は朝から船橋市中央図書館へ。

大きな館内にはいくつも立ち並ぶ本棚に
ジャンルごとに分けられたさまざまな本。

あの静けさ。本を手にしてイスに座る人たち。
私は惹かれた本を両手に抱えて夢中で歩き回る。

本は理由なく大好きです。

古書肆スクラムの本たちも
ホコリかぶることなく手に取って読んでもらって
そして買ってもらえたら本当に嬉しい。
(まるで子を手放す親のよう…笑)


                                                                                              (梅原)


0 件のコメント:

コメントを投稿