注目の投稿

買取強化中!不要な本で社会貢献!

【出張買取のご案内】 http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html 古書肆スクラムでは、古本を通して障がい者の就労支援を行っています。具体的にいうと、障害者自立支援法に基づいた「就労継続支援B...

2016年2月6日土曜日

つながること。


新年が明けて、
スクラムにも新しい風が吹いています。

新しく入った利用者さん。
他の事業所から見学に来るひと。
そして、
古本のポスティング効果なのか
有り難いことにご寄贈や買取のお電話も頂きます。

障がいの特性は個々によってさまざまで
一人一人にあった対応の仕方など
職員同士でミーティングに話し合う。

これが正しい答えだというものは定かではない。
だけど、歩幅を合わせていくことが
何よりも大切であるということ。

他所の事業所や地域の方とのつながりも
同じように大切にしていかなければいけない。

日々、仕事をしていて考えさせられます。

より良い社会とは何なのか?

目には見えない「つながり」を
どんどん増やしていかなければならない。



余談ですが、
今日は朝から船橋市中央図書館へ。

大きな館内にはいくつも立ち並ぶ本棚に
ジャンルごとに分けられたさまざまな本。

あの静けさ。本を手にしてイスに座る人たち。
私は惹かれた本を両手に抱えて夢中で歩き回る。

本は理由なく大好きです。

古書肆スクラムの本たちも
ホコリかぶることなく手に取って読んでもらって
そして買ってもらえたら本当に嬉しい。
(まるで子を手放す親のよう…笑)


                                                                                              (梅原)


2015年12月8日火曜日

「スクラムの2015年。」



秋が過ぎたかと思えば

朝晩すっかり冷え込むようになりました。

北は雪が降り

街中はクリスマスのイルミネーションの光が

あちらこちらに見える。


寒い季節が苦手な私は

街中がクリスマスで盛り上がっていても

心から飛び上がるぐらい嬉しいという気持ちが

昔からなくて

Wham!の「Last Christmas」を聴くと

何故か悲しくなる。…というより切ない。

(マライアの曲だとまだ元気になるけれど笑)


スクラムもこの一年、

あっという間にいくつもの波が過ぎていった。

古本事業がスタートして

中身も外見もガラッと変わり

出会いと別れも経験しながら

本当にいろんな色に変化したスクラム。


一回り大きく成長したなぁと改めて思います。


何より私が1番うれしかったこと。

それは

スクラムに近所の人たちが気軽に入って

本を手にしてくださったこと。

チラシを見たと

沢山の本の寄贈や買い取りの電話があり

みなさん優しい方たちばかりだった。


ある時は

小さな子供連れのお母さんたちがイスに座って

あったかい珈琲を飲みながら

笑顔で過ごしてもらえたこと。


以前は事業所関係の方しか

来なかったこの場所に

今では老若男女、

そして障がい者の事業所だと知りつつも

躊躇せずに入って来てもらえる。


スクラムを知ってもらうこと。


古書肆スクラムを通して、

障がい者のことを

1人でも多くの人たちに受け入れてもらいたい。


障がいがあってもなくても

私たちと同じように生まれた。

1人の「人間」に変わりないのだから。


(梅原)

2015年10月11日日曜日

本選びの基準とは?

すっかり更新が遅くなりました…(*_*)


朝晩冷え込むようになって衣替えの季節。
今年も気づけば残り2ヶ月半、、、

スクラムの中は1年前に比べると
いろんな「変化」が生まれ、新しい色になって、
そしてそれは少しずつカタチとなって目に映る。


本棚にはどんどん多彩な本たちが並んでは
売れてまた違う本が入ってくる。

今どんなジャンルの本が売れているのかを
もっともっと把握しなければいけないと思い、
まだまだ全然知識不足な私なので
書店などに並ぶ本を眺めて考える。


「よく売れるジャンルの本=現代社会を反映している」
なんてつい思ってしまうけれど
1人1人歩んできた人生、思考、感性は
幾通りもあって
みんながみんな、似たような本を欲するわけじゃない。

お笑い芸人の又吉さんが芥川賞を受賞されたと
ネットやテレビで流れれば
みんなものすごいスピードで本を買う。
(新たに増刷されてましたね。)


売れっ子の現代作家が好きな人。
宗教や歴史書が好きな人。
写真や世界紀行本が好きな人。
自己啓発本が好きな人。

私も自分の嗜好で読みたい本を手にしてる。
(今の自分自身に必要だと思うものを無意識に選んでる。)

でも、やっぱり本を一冊でも多く売りたいなら
自分が日頃全く手にしないような本も少なからず頭に入れるのも必要かと思う。
知識はないに越したことはないんだろうけれど…
かといってスクラムに並ぶ本を片っ端から読めと言われたら
多分時間が足りない。何年かかるやら(笑)

時代はどんどん最先端を走っていて
インターネットやスマホが普及してから
本屋さんもCDショップも減ってきている。
悲しいけれど、それが現実。

でもせっかく「古書肆スクラム」が出来た以上は
試行錯誤しながらも本を一冊でも多く売って
利用者さんの工賃向上に繋げていきたい!
マイペースな性格でなかなか腰は上がらないけれど熱意はしっかり持ってます◎

自分に必要なものは行動力。

これから古書肆スクラムが飛躍できるよう前進していきます(^_^)




(梅原)




















2015年8月31日月曜日

これからのスクラム。

8月も今日で終わり。

先日、会社から夏休みをもらって実家の京都へ帰省しました。

山に囲まれた盆地にある京都の夏は本当に暑い。
けれど今年は(例年に比べてなのか)暑さも少し和らいでいたので過ごしやすかった。

嵐山に行くと桂川の流れに沿って優しい風が吹いて涼しい夕暮れ。
空を見上げるとトンボが飛んでいて秋ももうすぐそこまできているように感じました。


さて。 最近のスクラムは、、、

6月に「古書肆スクラム」としてオープンして早3ヶ月が経ちました。

日中は近所の子供さんやご年配の方、会社帰りの方などなど

いろんな方と顔を合わせる機会も増え

中には自宅に読まない本があるからとわざわざ袋に入れて持ってきて下さる方もいて
本当にうれしいことです◎

以前は近所の方との付き合いもあまりなく、

 ”障がいを持った人がいる作業所” といったイメージでしかなかったスクラムが

今では

”地域の中にあるちいさな古本屋さん” として

大きく変化したなぁとつくづく思います。

と、同時に
本の売り上げが利用者さん一人一人の工賃アップにも繋がるため

1冊売れ、、また1冊売れて、、、

本も本棚に入りきらないほどいろんなジャンル、年代物の本が入ってきます。
本好きの私にとってはこれほどにない幸せな空間ですが(笑)

でも、もちろん本の事と同じくらいに
今大切にしなければならないのは利用者さんのこれからのこと。

生活面であったり、体調や心の悩みであったり、
一人一人の課題もそれぞれに違うので
改めて今しっかり見つめていかなければいけないと思います。

これからのスクラムがどうあるべきなのか、、、

目先のことばかりに追われている日常にならないよう
もう少し視点を広げてみていくことが大切だと感じました。

さぁ明日から9月。

気持ちを入れ替えてがんばります◎


(梅原)













2015年8月10日月曜日

こんな本を買い取ります!

あらゆるジャンルの本、最近のものから、黒っぽくなった古い本まで、なんでも買取いたします!

【出張買取のご案内】



学術書・専門書


・ビジネス書 ・コンピュータ関係 ・投資理論 ・テクニカル 
・参考書/各種問題集 ・教科書ガイド
・教育学 ・芸術学 ・考古学 ・思想 哲学 ・人文科学  ・心理学
・文学
・文化人類学 ・民俗学 ・言語学 ・宗教/仏教学/神学
・歴史学/地理学 
・社会学 ・社会科学 ・政治学 ・政策科学 ・経済/経営学
・法学/法律関係 ・医学書 ・各種介護関連など
・大学の授業で使われるもの、教科書ガイドなど


単行本


・一般書籍 ・一般文学 ・推理小説 ・ミステリー 
・SF ・児童向け書籍など


芸術書・写真集


○一般芸術/美術書 系
 ・美術書 ・美術全集 ・建築/設計関連 ・インテリア ・デザイン 
 ・ファッション ・絵本(ジャンルは問いません)等 ・展覧会図録

○サブカル/映画 系(映画・音楽・現代アート・ファッション等)
 ・映画関連 ・漫画(絶版物も大歓迎です) ・アニメ ・ゲーム
 ・オカルト 
 ・特撮 ・性風俗 ・落語 ・芸能 ・演歌 ・グラビア関連
 ・クラシック音楽 
 ・オペラ ・歌劇 ・歌曲 ・楽器楽曲 ・作詩/作曲家関連本 
 ・楽譜 ・バンドスコア ・ロック ・ジャズ ・童謡 ・ジャニーズ関連など

○著名写真家写真集

〇グラビア&アイドル系写真集


実用書各種


・パソコン関連 ・株/為替関連 ・投資理論 ・テクニカル 
・パンローリング ・ビジネス書 ・経営理論 ・自己啓発
・食 ・料理 ・和裁 ・陶芸 ・茶道具 ・書道 など 趣味の本


文庫・新書


フランス文庫やハウツー本も含めジャンルは問いません。新旧問わず査定しますが、
ハーレクイン、NON、カッパなど、一部買取できないシリーズもあります。


子ども向け書籍


・児童書 ・学校推薦図書 ・絵本 ・アンパンマン関連など


コミック


・連載中のものから、完結セットまで。ジャンルは問いません


査定が低くなりやすい、もしくは買い取れない本の例


・タバコ臭があるもの
・キズがひどいもの
・破れがあるもの
・消せない書き込みがあるもの
・表紙カバーや付属ディスクなど欠品があるもの
・シミやカビの著しいもの 
・変色・日焼け・汚れが著しいもの
・変形しているもの(水濡れ・湿気によるシワ・ソリ等)
・雑誌でふろくが無いもの
・古い百科事典のセット
・古い文学全集のセット(個人全集は買取します。例えば、上林暁全集などは大歓迎!)
・六法等、改訂版が随時発行されている法律書など
・毎年改定が予想される税務関係や資格関係(大学受験などの関連書籍は歓迎しています。)
・法律に違反するもの(児童ポルノ法など)
・小・中・高等学校の教科書、契約販売の教材

【出張買取のご案内】

出張買取のご案内

千葉県古書籍商組合加盟店の安心査定!

東京・神奈川・埼玉・千葉ならば、即日出張買取にもご相談に応じます。

お品物の量、内容によっては日本全国出張買取いたします。

買取のご相談 → 047-303-3840
【こんな本を買い取ります!】
http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html


1.お電話またはメールでご連絡ください


先ずはお電話下さい。(メールでも可です)
お電話の場合は、047-303-3840まで。
e-mailは koshoshi.scrum@gmail.com です。
その際買取内容のご相談をさせていただきます。
予め、商品のジャンルや点数をお知らせ頂くとスムーズになります。
(例:絵本が30冊、文芸書が100冊、ビジネス書・専門書が80冊など)
その他査定についてや、買い取れないもの、不明点はお気軽にご相談下さい。


2.ご訪問日程をご相談させて頂きます


次に、ご訪問日時をご相談させていただき、予約を確定致します。
当日がご希望の場合、予約の状況で即日対応も可能です。
ご訪問時には買取させていただくお品物がすぐわかるようにまとめて
おいて下さい。
その場で査定させていただき、現金買取となります。


3.査定・お取引


ご予約の当日、店主がお客様のところへお伺いし、
その場で査定→現金にて即日お支払い→商品のお引取りとなります。
以上で終了です。


※出張買取は当日可能な場合もございます。お気軽にご相談下さいませ。

※状況によりましては出張買取ではなく、着衣払い宅配買取のご提案をさせて頂く場合もございます。

詳細はお電話またはメールにてお問い合わせください。

272-0122 千葉県市川市宝1-5-17
電 話: 047-303-3840
FAX: 047-303-3843

2015年7月13日月曜日

買取強化中!不要な本で社会貢献!

【出張買取のご案内】
http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html

古書肆スクラムでは、古本を通して障がい者の就労支援を行っています。具体的にいうと、障害者自立支援法に基づいた「就労継続支援B型事業所」という社会福祉施設で古本屋をやっている、ということになります。

私たちは、いろんなところで「おうちの本棚に眠っている本をスクラムに売ることで、社会貢献につながりますよー!」と謳っているのですが、それはどういうことなのかというと……

①もう読まなくなった本を売りにスクラムへ
 (50冊以上で関東周辺での出張買取も可能)
     
②一冊ずつ丁寧に査定し、どこよりも高く買い取ります!
     
③本の仕入れができて嬉しいスクラム!
 不要な本が高く売れて、
 尚且つ社会貢献にもなって嬉しいお客様!
 Win‐Winの関係でみんなハッピー!
     
④買い取った本は、施設のお仕事として、
 施設利用者さんたちがメンテナンスします
     
⑤施設と古本屋が一体化しているので、
 店舗販売とインターネット販売を併行して行っています
     
⑥得た収入から、施設利用者さんの作業工賃が発生します
     
⑦少しでも高い工賃を支払うことが、
 施設利用者の社会的自立につながります

【出張買取のご案内】
http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html


というような流れで、買取から販売までの全ての過程が、施設利用者にとって社会的自立のチャンスとなるのです。

古本で社会貢献!などというと、なんとなく胡散臭いですが、もう読まなくなった本をお売りいただくだけで、ダイレクトに障がい者の自立支援へと繋がります。「どうせ売るなら誰かの役に立ったほうがいいなあ」と思っていただけたら、ぜひご連絡下さい!
50冊以上で出張買取いたします。(お電話でのやり取りをした後、全国出張買取・着払いでの郵送も承ります)

ご連絡をお待ちしております。


【連絡先】

〒272-0122 千葉県市川市宝1-5-17

電 話:047-303-3840(砂金{すながね}まで)

FAX:047-303-3843

メール:koshoshi.scrum@gmail.com

【出張買取のご案内】
http://koshoshi-scrum-npo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html